So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

被害農家への経営支援策を拡充=農水省(時事通信)

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫が広がっている問題で、農林水産省は15日、被害農家に対する経営支援策を拡充すると発表した。家畜を殺処分した農家が優良な種牛などをリース方式で導入する場合、金利相当額の2分の1を補助。家畜市場の閉鎖で子牛や肥育牛の出荷が遅延した場合の助成金も交付する。
 また、経営継続が困難となった農家への融資に利子補給する事業の枠を100億円から300億円に広げるとともに、農家への貸付限度額も引き上げる。 

【関連ニュース】
雇用助成金に特例措置=口蹄疫発生の農家限定
施政方針演説全文

枝野新幹事長就任会見詳報(3)(産経新聞)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
雑記帳 ツイッターで群馬県議会が情報発信 全国初(毎日新聞)
年1回点滴静注の骨粗鬆症治療薬を開発へ―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)
首相、荒井氏の事務所費疑惑に「問題なし」(産経新聞)

民事トラブルが関係か=横浜の弁護士刺殺事件(時事通信)

 横浜市中区の法律事務所で弁護士前野義広さん(42)が殺害された事件で、前野さんが所属していた横浜みらい法律事務所は、離婚調停など民事事件を中心に扱っていたことが3日、横浜弁護士会などへの取材で分かった。神奈川県警加賀町署は、扱っていた民事事件をめぐる何らかのトラブルが事件の背景になった可能性もあるとみて調べている。
 目撃証言によると、前野さんを殺害した男は30歳ぐらいで、身長は約170センチ。事件に遭遇して110番した法律事務所の女性事務員は「面識のない男だった」と話している。
 男は事件後、大型のサバイバルナイフのような凶器を事務所に残し、女性事務員が110番している間に、事務所のあるビル9階から下り、走って逃走したとみられる。 

【関連ニュース】
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」
24歳男が父親を刺殺=新潟
男性刺殺、知人男を逮捕=「金銭トラブルあった」
マンション住民の男を逮捕=男性2人刺殺
通報の男逮捕=勤務先社長の刺殺容疑

子ども手当て 支給始まる…富山・朝日町は現金で(毎日新聞)
<岡本倶楽部>ホテル側に5500万円賠償命令…東京地裁(毎日新聞)
<トイレ監禁>次男の体重40キロ未満だった(毎日新聞)
「地域と小規模多機能の連携の強化を」(医療介護CBニュース)
<流しそうめん>2500メートル、ギネス挑戦 御嵩で住民ら、竹製レール作り(毎日新聞)

<違憲判決>労災で顔にやけど「性別で差」は違憲…京都地裁(毎日新聞)

 金属を溶かす業務中にやけどをし、顔に跡が残った京都府の男性(35)が、女性より低い等級の障害認定しか受けられなかったのは男女平等を定めた憲法14条に反するとして、国に認定取り消しを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。滝華聡之裁判長は、労災で障害補償認定の基準となる障害等級表について「著しい外見の跡(醜状障害)についてだけ性別で大きな差が設けられているのは著しく不合理で違憲だ」として認定の取り消しを命じた。

 原告の代理人弁護士は「障害等級表を違憲と判断した判決は初めて」としている。

 判決によると、男性は精錬会社に勤めていた95年11月、作業中に溶けた金属をかぶってやけどを負い、胸や腕、ほおに跡が残った。園部労働基準監督署は04年4月、労働者災害補償保険法に基づく障害等級表で11級と認定した。

 同法は「やけどの跡で受ける精神的苦痛は女性の方が大きい」として、同じ顔でも女性が男性より高い等級になると規定。このため男性側は、男だとの理由で同様の労災に遭った女性より低い等級の認定しか受けられず、憲法に反すると主張していた。

 判決は「障害等級表では年齢や職種、利き腕、知識などが障害の程度を決定する要素となっていないのに、性別だけ大きな差がある」と指摘。この定めは「合理的理由なく性別による差別的扱いをするものとして憲法14条違反と判断せざるをえない」と結論付けた。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令
豊川市職員自殺控訴審:パワハラ見て心労…原告側逆転勝訴
三井造船:肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁
裁判員裁判:制度導入1年を前に反対集会開く 会見も

<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)
「宇宙への夢、花開け」=山崎さん、松本零士さんに種(時事通信)
普天間移設 米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言(産経新聞)

法人税滞納、産廃業者を逮捕=資産隠し容疑−大阪地検(時事通信)

 法人税滞納による差し押さえを免れるため会社の資産を隠したとして、大阪地検特捜部は12日、国税徴収法違反(滞納処分免税)容疑で、産業廃棄物処理会社「コスモスクリーンサービス」(大阪市城東区)の実質経営者岩本貢容疑者(64)と経理担当堂田陞八容疑者(62)を逮捕した。
 特捜部によると、いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、岩本容疑者らは同社の売上金の差し押さえを免れるため、2008年11月以降、売上金の振込先を同社から関連会社名義の預金口座に変えるなどして、計約8400万円を隠した疑い。 

【関連ニュース】
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請
桑名市課長、詐欺で逮捕=架空投資話で4000万円
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
ミサワホーム創業者など所得隠し=株売却の8億円指摘

海外派遣の恒久法、来週にも国会提出へ…自民(読売新聞)
輿石氏「タコは逆風のほうが高く揚がる」 小沢氏、来週から全国遊説スタート(産経新聞)
富田林で住宅3棟全焼(産経新聞)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」−−小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)
3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)

屋外でなく「2階に逃げる」も=災害時避難で調査会設置へ−中央防災会議(時事通信)

 政府の中央防災会議(会長・鳩山由紀夫首相)は21日、水害や津波が発生した場合の住民らの具体的な避難のあり方について、検討に乗り出すことを決めた。今年度中に専門調査会を設置する。災害対策基本法により、これまでは屋外退去が避難の前提となっているが、「家の2階に逃げる」ことなど、見直しを含め検討する方針だ。
 昨夏は、局地的に大雨が降る「ゲリラ豪雨」が多発。8月の台風9号による豪雨では、兵庫県佐用町で18人が死亡、2人が行方不明になった。同町では、指定の避難場所に向かう途中に濁流にのまれて犠牲になったケースもあった。
 こうした状況を踏まえ、調査会は、集中豪雨など避難時間が限られる時は住宅の2階に避難することの有効性や、避難場所を地震、水害など災害別に分けること、高齢者などの要援護者の避難方法について検討する。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

国会審議踏まえ判断=高速新料金見直しで−鳩山首相(時事通信)
心励ます駅の書、作者は?渡航前に名前明かす(読売新聞)
平城遷都1300年祭スタッフ 戌亥バルバラさん 「歴史の素晴らしさ、知って」(産経新聞)
明石歩道橋事故 強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か(産経新聞)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)

シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)

 大阪、兵庫両府県で事務所荒らしなどを繰り返したとして、大阪府警捜査3課は15日、窃盗などの疑いで、いずれもシャッター修理業、藤巻昇(40)=窃盗罪などで公判中、大阪府茨木市=と、弟の橋本太(36)=同、神戸市中央区=の両被告を逮捕、最終送検したと発表した。43件の犯行を裏付け、被害総額は約1400万円にのぼるという。

 逮捕・送検容疑は、平成21年7月31日未明、兵庫県尼崎市の会社事務所に侵入し、現金約4万円を盗むなど、18年5月〜21年8月、建設会社や酒屋などの事務所荒らしや金庫破りを繰り返したなどとしている。

 府警によると、2人はシャッターの修理技術を悪用し、会社事務所のシャッターをバールで巧みにこじ開け侵入したケースもあり、「実際にシャッターを修理した事務所に窃盗に入ったこともある」と供述。怪しまれないように現場には作業服で行き、家族にも「仕事に行ってくる」と説明していたという。

【関連記事】
逃走中3人ひき逃げ死、同乗ブラジル人初公判 車窃盗未遂認める
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警
窃盗容疑で20歳の陸士逮捕 ネットカフェで財布
大阪でまた「カラカラ盗」 下車確認中にベンツ被害
沖縄で外国人が釣り銭盗む 基地内へ逃走、軍関係者か

“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
【風(3)女の生き方】そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”(産経新聞)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)
自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)
「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)

川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)

 8日午後1時10分ごろ、川崎市中原区宮内の5階マンション「シャンティ等々力」102号室の会社員折原道宗さん(38)方から出火、同室約70平方メートルを全焼した。

 この火事で、室内にいた折原さんの母つる子さん(62)と、双子の次男一輝ちゃん(3)、三男義輝ちゃん(3)が病院に運ばれたが、義輝ちゃんは死亡、つる子さんと一輝ちゃんは意識不明の重体。神奈川県警中原署で出火原因を調べている。

中国、日本人死刑囚の刑執行を6日に延期(読売新聞)
無料化効果は1500億円=時間短縮、燃料費節約で−馬淵国交副大臣(時事通信)
立教大生殺害で公的懸賞金=有力情報に上限300万円−殺人罪の時効まで1年(時事通信)
白寿祝う名車の列 日本橋まつり(産経新聞)
<日本航空>整備士が無届け修理 03年の整備記録ない機体(毎日新聞)

強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う−千葉地裁(時事通信)

 千葉県船橋市咲が丘の酒店で昨年1月、店主が殺害され現金が奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職山田十四夫被告(61)の判決公判が8日、千葉地裁であり、渡辺英敬裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。
 検察側は論告で「計画的な行動で、明確な殺意があった」と指摘。弁護側は「無期懲役は重過ぎる」と主張していた。
 起訴状によると、山田被告は昨年1月29日午後5時半ごろ、酒店に侵入し、店主の秋本敏男さん=当時(65)=を刃物で刺し殺害、現金約5万円を奪ったなどとされる。 

派遣法改正案、民主が参院先議を撤回=衆院に出し直し、43年ぶりの異例(時事通信)
橋下知事、「維新の会」府議を後援会で絶賛(読売新聞)
<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)
スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)
臨床検査技師国試、合格率は67.8%(医療介護CBニュース)

<拉致問題>法改正での被害者給付 蓮池さん夫妻辞退申し出(毎日新聞)

 北朝鮮による拉致被害者への給付金支給を15年3月まで5年間延長する拉致被害者支援法改正案が国会で可決、成立したのを受け、新潟県柏崎市の拉致被害者、蓮池薫さん(52)、祐木子さん(53)夫妻は31日、4月以降の受給を辞退すると市を通じて表明した。

 蓮池さん夫妻は「私と家族は自立の道をかなり確立することができた」と辞退の理由を説明。改正支援法が成立したことについては「拉致被害者の自立を最後までサポートしようとする国の気持ちの表れと歓迎します」とした。【岡村昌彦】

【関連ニュース】
金賢姫元死刑囚:日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
拉致問題:被害者家族会が蓮池透さんの退会発表
蓮池薫さん:新潟大大学院博士課程に合格 4月から通学
北朝鮮:韓国亡命の黄元書記、4月に訪日へ

<与謝野氏>新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事(毎日新聞)
スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
<学力テスト>学校別の正答率を公開 横浜市教委(毎日新聞)
21歳陸士長、隊員寮から10万円盗んだ疑い(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。